介護生活【包丁と暴れ】

介護生活

ジュリエットと意見が合わないまま 日々が過ぎていくなか

朝、8時にジュリエットからビデオ通話で連絡があった…

私の携帯画面には 鈴木さんが包丁を持って、

「オープン ザ ゲート」と怒鳴っている鈴木さんが写し出されてる❗❗

ヤバい😱💧

何があった‼️

私は画面に向かって 『鈴木さん 包丁を離して!!!』と 携帯に向かいながら叫ぶ❗

「マーム、早く来て‼️」「早く」

「あなたの日本語が必要です。日本語で話してして下さい」とジュリエットが叫んでいる

急いで アパートに向かう。

到着したら鈴木さんは包丁を持って疲れていた様子で座っていた

私は後ろから周り包丁を取り上げた

「どうしたん?鈴木さん?」「何があった?」

と聞くと ゲートを開けて買い物に行かなダメなんですよー」と鈴木さん。

「買い物?!」

ジュリエットの話しだと 「実は前日も外に行くのを息子が止めて怪我をした」と聞かされた。

「鈴木さんは外に行きたくてストレスでこんなに事件になるんだよ」と理解を求めたら ジュリエットは「近所に迷惑だから」

ここはフィリピン。認知症の人間に厳しい訳がない!!

フィリピン人は話せば理解がある国だと私は思っている。

「勝手にトライシクルに 乗ってしまう」「鈴木さんが歩き疲れたらごはん食べないから」と 理解出来ない言い訳に聞こえる

認知症だから お世話は大変だし、ジュリエットの家族が泊まったり、ジュリエットの家族に負担にならないように自由にして貰い ジュリエットが家族と過ごせるようにしていたのが それが鈴木さんの負担になっているのか?

ジュリエットの息子も理解してくれいつも面倒を一緒に見てくれ 家族のように鈴木さんも楽しそうだったのに…

私はジュリエットの言い訳に聞こえる言葉に

イライラしていた。

私は包丁を取り上げた後、

騒ぎを起こしたお詫びにジョリビーのモーニングセット15セット注文し 近所に配り 皆で食べた😋😋😋

鈴木さんもお腹が空いていたのか 何もなかったかのようにパンケーキを美味しいと言ってくれた

鈴木さんの息子さんにも報告し 息子さんは何かがあっても責任は問わない書類を後日、作成してくれ 弁護士を通して ジュリエット 、スタッフ、鈴木さんに関わる人全員でサインした。

次の日にバランガイホールの町長から呼び出しがあった。

帰国するように言われるかも・・・・・

包丁をもちだしたもんなぁ・・・・・

町長より鈴木さんの状況と経緯、鈴木さんの家族の状況等を聞かれた。

現実、日本で介護をした方が良いのはみんな理解しているが鈴木さんの状況から飛行機の乗り継ぎ、

移動中のおむつ問題、コロナワクチン接種問題と課題は多く、簡単ではなく付き添い一人では帰れなく息子さんも私達はこのドゥマゲテので見送りたい覚悟です。と伝えると町長さんのお父さんも認知症で介護の大変さを理解してくれ『また何かがあれば相談にのるよ』『バランガイの看護婦がいてるから時々様子を見にいかせます』と私達に協力してくれる移行で終わった。

やっぱ、フィリピン人は話せば理解してくれるし、弱い人達には優しい国やん!!!

続く…