日本の学校と何が違うのか?

日本の学校と何が違うのか?  当時 高一 の娘の経験を 書いてみます

ひとり行動でも 誰も気にすることなく すれ違い時には 名前を呼んでくれる。

クラスメイトと仲良しで なくても お誕生日パーティには呼んでくれる。

ひとりが好きな娘に イベント時には

クラスメイトが一緒行こ! 一緒にやろう!  声かけしてくれる。  

教科担任にもよりますが授業中にお菓子を食べる生徒もいる 

小学生は10:00頃におやつの時間があります。

授業中 理由があれば 教室内なら 移動しても 誰も気にしない 

自由な雰囲気だが 遅刻は以外と厳しいかったりもする。

学校が合わなかったら 次の学年から 転校ができる。

同じ学年でも 年齢が違う 上下12歳の差があったりする。

男子、女子が仲良し (男子生徒にが女子生徒に目薬を注すのを手伝うぐらい🤣🤣)

クリスマス、創立記念日、カトリックのお祝い行事、ティチャーディ、担任、クラスメイトの誕生日会、スポーツディ、なんせ イベントが 多く派手。

学校の先生と生徒の関係が自由。生徒の誕生日会に学校の先生も呼ぶ。

学校以外では友達同士で あまり 遊ばない。

受験システムがない。

基本 フィリピン人は あまり人に興味はないですが 優しいのが 国柄だと思います。

日本の学校が厳しく 疲れたお子さんには良いかもしれないですね。

娘は小学生6年生から 高校一年まで 虐められないように 友達に合わせて 学校生活を送っていました。  なぜなら 6年生の時に 一緒にいた お友達が虐めたり ハミゴにされたり 

見てきたからです。  高校生になり いきなり男子がハミゴにされるのを見て 学校に行かなくなり 口数も減り精神的に辛い経験をしています。

フィリピン ドゥマゲテに来て 本来の娘に変わり 学校が苦痛ではなくなりました。

国が変われば 人柄、文化の違いで大きな経験を学びました。