介護生活【クリスマス】

フィリピンの現実

鈴木さんと出会って初めてのクリスマスシーズンに入る。

フィリピン人に取ってクリスマスはとても大事な行事で家族と過ごすのが当たり前。

 

 

介護してくれているジュリエットも家族と過ごしたいのは当たり前なので どうするかを11月に話し合う。

ジュリエットは鈴木さんが寂しくないように 自宅に連れて帰り年明け3日に鈴木さんのアパートに戻って来たいと言ってくれた。

まず、ジュリエットの自宅の様子を私とジュリエットで見に行き 問題なさそうだったのジュリエットに 預けることにした。

 

そして その前に日本食レストラン ひまわり で 

クリスマスパーティーをした。

 

久々の日本食を喜びながら 食べる鈴木さん。

日本酒が飲みたい と言っていたので 日本酒も注文したが 途中でお水を呑みながら 日本酒はうまいッ!と 言い出した🤭🤭🤭🤭

もしかして お水もお酒も分からなく 雰囲気でのんでる鈴木さん😅😅😅😅

 

そして鈴木さんの息子さんから お世話になっているジュリエット家族と子供達にクリスマスプレゼントを渡す。

そして2日後にジュリエット家に 移動。

ジュリエットのお父さんも優しく 鈴木さんのコーヒーを入れてくれたり バナナを出してくれたりと優しさ満載

そして 海にまで連れて行ってくれたり…

 

バイクに乗った時は 「山田さんは これで日本に連れて帰って欲しい」と リクエストしたぐらいに 喜んていた…

 

こんなに 優しく受け入れてくれる ジュリエット家族 😍😍😍😍😍

本当にありがとう😆💕✨

そして 1月2日 夜中11時に ジュリエットから 

電話があり 直ぐに来て欲しいと緊急連絡が私に入った…

 

続く…